最先端分野で力を発揮する、
実践的・創造的な人材へ

数物科学科

最先端分野で力を発揮する、
実践的・創造的な人材へ

確立された学問体系を持つ数学・物理学を基礎として学び、さらに最先端技術に関わる情報科学の力を身につけることで、柔軟、かつ論理的な思考力を養います。「科学者の目」を育むことで、自ら課題をみいだして解決できる、理系女性を育成します。

学科の特色

  • 1「数学」「物理」「情報」 3コースで専門を究める

    3年次から「数学」「物理」「情報」の3コースに分かれて専門分野を究めます。自由な発想の現代数学とその応用、ソフトとハード双方を学ぶ情報技術、光科学技術、ナノ技術、有機材料技術なども学ぶことができます。

  • 2充実した研究施設と少人数制の教育

    本学科の特長として、少人数制による丁寧な指導と、創立時から続く実験重視の教育および充実した研究施設が挙げられます。情報科目に欠かせない計算機室も複数完備。ハイレベルな機器もクリーンルーム内に設置されています。

  • 3研究・開発、教員などさまざまな分野で活躍

    卒業生は理系の専門知識と技術を生かしてさまざまな分野で活躍を続けています。必要な単位修得により、中学(数学・理科)、高校(数学・理科・情報)の教員免許の取得も可能。大学院進学を経て研究者を目指す道も奨励しています。

数物科学科の4年間

1

3コース共通の科目を履修し基礎を習得する

数学、物理、情報科学に共通する科目と、理系の基礎的な科目を学びます。実験や実習、演習科目も1年次から始まります。

2

基礎から応用へコースを意識して科目を選択

3年次からのコース選択を考えながら、各コースの専門的な科目を選択して学びます。1年次の基礎を応用へと発展させた科目群です。

3

コースを選択し専門性を高める

数学コース、物理コース、情報コースのいずれかを選択します。それぞれの専門的な科目を選択し、より高度な学びに取り組みます。

4

主体的に課題を見つけて卒業研究にまとめる

テーマを設定し、身につけた実践的な想像力と問題発見・解決能力を用いて、教員の指導のもと卒業研究にまとめます。

Pickup

授業紹介

物理学基礎実験

さまざまな自然科学現象が、どのような数式で、どのような事実に基づいて成り立っているのか、実験を通して体験します。実験の過程で測定器具の使い方や測定方法を学びながら、自然科学現象を数理モデルで考える力、その中から問題点をみいだす力を養います。さらに、実験結果をまとめるレポートにより、論理的な文章を書く能力も身につけます。

学生一人ひとりに応じた支援できめ細やかなサポートを実現

日本女子大学が目指しているのは、社会に貢献できる自立した女性を育てることです。
卒業した学生が生涯にわたって個々の力を発揮するために、また、目指している職業に就き、自己実現を果たせるように、就職支援に力を入れています。