社会に貢献する人材を生み出す

人間社会研究科

社会に貢献する人材を生み出す

研究科委員長からのメッセージ

相関文化論専攻 田中 久文 教授
相関文化論専攻 田中 久文 教授

現代社会は科学技術の急速な進展と留まることのないグローバル化のなかで大きな変貌を遂げています。そうした時代のなかで、文化や社会を分析し、現実の諸問題を解決するためには、既成の学問の枠組みでは困難となっています。
本研究科は、人文科学と社会科学とを架橋し、「人間と社会」とを総合的に捉える新たな横断的学問方法の樹立をめざし、「社会福祉学」「教育学」「現代社会論」「心理学」「相関文化論」の5専攻を擁しています。いずれの専攻においても、現代の諸問題に実践的に立ち向かうべく、閉塞した学問領域を超えて、諸分野間を有機的に連結させた複眼的で創造的な研究に取り組んでいます。
高度な研究者を志望している方はもちろんのこと、実社会に出る前にもう少し勉強しておきたい方や、社会人となった後にもう一度学び直したい方、第一線で活躍中の熱意ある教員たちのもとで充実した研究生活を体験してみませんか。


人間社会研究科をもっと知る

人間社会研究科をもっと知る

人間社会研究科は5専攻からなり学際的教育研究を通じて常に変貌しつつある人間社会に関する学問および実践的活動を探求し、研究者あるいは高度な専門的実践者として活躍し、もって人々の幸福と社会の発展に貢献できる人材を養成することを目的とします。本研究科の教育研究は「社会への貢献」を目的とします。その意味は二重です。一つは社会の時流に流されることのない、歴史的に大学の社会的存在意義とされてきた「真理」「学問」「科学」の探求であり、今一つは近年大学にとみに求められている実用的・実践的な力量の育成です。