生活を「科学」し、
人類の豊かな幸福をつくり上げる
家政学部

家政学部

生活を「科学」し、
人類の豊かな幸福をつくり上げる

学部長メッセージ

家政学部長 丸山 千寿子
家政学部長 丸山 千寿子

より良い生の実現と環境の創造に役立つことを目的に

これまで、人類は様々な知恵と工夫を凝らして命を守り育て、豊かな生活を送ることができるように努めてきました。それは一方で、健康を脅かし、温暖化をはじめとした地球環境に影響し、国際的な社会問題の原因にもなっています。家政学では、生活における人間と環境の関わりについて、自然、社会、人文の諸科学を基盤として学び複合させて、実践的に展開する力を養います。最も優先すべきは生命の尊厳であり、科学技術の進歩の中で見逃しがちな課題を生活者の視点を持って解決に取り組むことが特徴です。本学の家政学部は、児童、食物、住居、被服、家政経済の5学科でそれぞれの先端的な学びを深め、より良い生の実現と環境の創造に役立つことを目的としています。あなたの学びと歩みが、個人から家庭、組織・地域・社会との関わり、さらに国、国際社会、地球環境の改善につながり、宇宙も視野にいれた平和で安全な暮らしを支える力になることと期待しています。


家政学部をもっと知る

家政学部をもっと知る

家政学は“ 生活を科学する”、すなわち生活の質の向上と人類の健康、安全、福祉に貢献 する実践的総合科学(サイエンス)です。生活者であることに立脚し、人間生活とその環境を 追究することで人類の幸福に貢献する実践的な学問といえます。日本女子大学家政学部の五つ の学科(児童、食物、住居、被服、家政経済)で学ぶ事柄は、すべて私たちの身近な生活 を素材にしたものです。それを自然科学的、人文科学的、社会科学的に探究し、理論を実 生活に応用することにより、職業的能力など自分自身の「生きる力」を大きく発展させ、社会をより豊かにする力をも養うことができるはずです。国際化、少子高齢化など大きな転換の時代を担 っていく皆さんに、こうした意味を持つ家政学部の諸分野を是非学んでいただきたいと思います。