深い探求力と自由な発想力

理学研究科

深い探求力と自由な発想力

研究科委員長からのメッセージ

物質・生物機能科学専攻 和賀 祥 教授
物質・生物機能科学専攻
和賀 祥 教授

大学院は、高度な知識と技術を身につけつつ、第一線の研究を体験していく場となります。本来、研究は誰が行ってもよいものです。しかし現実は、特に近年の理学関係の研究は、高度な知識と技術を必要とする場合がほとんどであり、研究に携わるためには大学院における時間をかけた学びと経験が必要とされます。

大学院では、教員からの指導を受けながら、自らが考え研究を進めていく作業を経験します。また、自分だけで完結する研究というものはなく、他の研究者、学生、教員とのやりとりをしながら研究を進めていきます。そうした経験は、将来の独立した研究者のためだけではなく、研究以外の分野に進む方にも大きな糧となることでしょう。

大学院での研究であっても、世界ではじめての新しい発見を体験することもあります。どんなに小さな発見であろうとも、自然に秘められた真実にせまる発見であったなら、それはささやかながら価値のある一歩となるのです。そのような発見に出会った時は、言葉では言い表わせないほどの喜びを感じることができるでしょう。ぜひ皆さんもそのような体験と出会えることを願っています。


理学研究科をもっと知る

理学研究科をもっと知る

理学研究科には数理・物性構造科学専攻と物質・生物機能科学専攻があります。前者には数理構造部門、数理・物質情報部門、構造物性部門があり、数学、情報、物理を基軸とした研究を行っています。後者には物質機能部門、細胞分子機能部門、生理分子機能部門があり、化学、生物を基軸として分子レベルまでの研究を行っています。いずれの部門でも基礎から最先端までの研究を行っており、社会に出た後に、論理的な思考法と確かな技術に基いて実践できるように学びます。学際的な時代に対応するために、二つの専攻間で専攻を越えた講義の受講、意見交換ができる環境を作っています。深い探求力と自由な発想力を身につけて、社会に踏み出して欲しいと思います。