「食」を科学する
スペシャリストを育成

食物学科(食物学専攻)

「食」を科学する
スペシャリストを育成

講義・実験・実習を通して、「食」全般に関わる知識や技術を習得します。現代人の食生活や社会問題をふまえながら、食生活・栄養・ライフスタイルのあり方を考え、「食」を科学してコーディネートできるスペシャリストを育成しています。

学科の特色

  • 1実践的カリキュラムで知識と技術を習得

    基礎を重視し、「食」に関わる広範囲な領域を幅広く学びます。1・2年次は実習や実験を通して基礎知識・実験技術を身につけ、3年次以降で専門科目をバランス良く学べるようにカリキュラムが組まれています。

  • 2「食」のさまざまな課題を追求し解明する

    食品素材の特徴、食品の生産・加工・貯蔵・安全性、調理、食物のおいしさ・機能、食文化、フードコーディネートなど、「食」に関わるさまざまな課題を研究・追究し、広範なテーマについて科学的に解明していきます。

  • 3さまざまな資格取得が将来を広げる

    食品関係企業の食品開発職・研究職など、食物に関わる職業に広く対応できる教育・研究を行っています。また、教職課程を履修して必要な単位を修得すれば、中高教諭(家庭)の免許や、3年次には「フードスペシャリスト」の受験資格も得られます。

食物学科(食物学専攻)の4年間

1

「食」に関わる3分野の基礎知識を習得する

食品学系、栄養学系、調理学系の3分野の基礎を学びます。また、フードスペシャリスト資格を取得するための科目を履修します。

2

関心のある専門分野を自ら選択して学ぶ

1年次で基礎を学んだ食品学系、栄養学系、調理学系のどれに重点を置くかで、科目を選択して履修します。

3

習得した知識の応用を関連分野に発展させ、卒業基礎研究を始める

食品学系、栄養学系、調理学系の応用を関連の分野に発展させつつ、卒業基礎研究に取り組むことで、さらに専門性を磨いていきます。

4

就職後も役立つ卒業研究を仕上げる

集大成として卒業研究を完成させます。研究を通して身につけた知識や能力は食品開発や食品分析などの分野で役立ちます。

Pickup

授業紹介

微生物学基礎実験

身近な環境や発酵食品製造に重要な働きを担う微生物に関する基礎知識や、微生物を扱う基礎的な手法と考え方を習得します。一つひとつの操作の意味を考えながら培地の作成法、殺菌法・滅菌法、培養法、菌数の測定法、顕微鏡観察などを行い、日常生活における微生物の存在や関わりを学びます。

学生一人ひとりに応じた支援できめ細やかなサポートを実現

日本女子大学が目指しているのは、社会に貢献できる自立した女性を育てることです。
卒業した学生が生涯にわたって個々の力を発揮するために、また、目指している職業に就き、自己実現を果たせるように、就職支援に力を入れています。