日本文学科

お祝いメッセージ

合格おめでとうございます。
古典から現代までの文章を読みといたり、自分でも文章を書いたり、話したり、ことばは人間の思考の根幹を形成しています。
そして、それは訓練を積むことで確実に上達するものなのです。
そのための技術をみなさんにお伝えしたいと思っています。
この「技術としての言葉」は、いったん身につければ、人生を生きていく上で、かならずや皆さんの頼もしい味方になってくれるでしょう。
ことばを磨くことで自分を高めたい、そんな意欲を持っているみなさんを私たちは心から歓迎します。この春から、目白台のキャンパスで、一緒に勉強できることを、本学科スタッフ一同、心よりお待ちしております。

日本文学科長 清水 康行