住居学専攻 教員一覧

  • 江尻 憲泰教授

    【建築構造設計】建物劣化調査、重要文化財の調査・補強設計から新素材の開発・応用、そして、小さいモニュメントの設計から超高層ビルの設計まで、構造設計技術全般を俯瞰し、実際の“もの”を通じて研究・設計活動を行っています。

  • 定行 まり子教授

    【住生活、住環境行動、地域施設計画】少子高齢化の社会問題を背景に、子どもや高齢者に主眼をおいて、住まいや地域に関わる研究を行っています。特に、ヒヤリング、観察、アンケート調査などフィールドワークを中心に、住居・地域における空間・環境と人々の生活・行動との関係性に注目し、研究しています。

  • 佐藤 克志教授

    【建築計画、ユニバーサルデザイン】高齢社会における住宅や地域環境のあるべき姿の探求が主たる研究テーマ。近年はユ ニバーサルデザインの社会経済的効果、住宅改善手法の体系化、高齢者の生活と住宅性能の関係、人間工学的視点からの住宅の評価等の研究を実施しています。

  • 篠原 聡子教授

    【建築設計】集合住宅・住宅を中心とした設計、および設計へのフィードバックを前提としたフィールドワーク。現在、東アジアの大規模団地における私的空間と中間集団の関連についての調査、大規模団地の建て替え計画などに取り組んでいます。

  • 平田 京子教授

    【住居性能、情報、安全防災】住居の安全性能に焦点をあてた性能設計、性能各論、住居情報の取得やリスク・コミュニケーション、住居の安全性各論、市民に向けた住安全教育、防災・防犯、これらの国際比較をテーマとしています。

  • 薬袋 奈美子教授

    【住環境整備、地域居住、住教育】都市計画の中でも住宅の周辺環境の整備に係る研究を、特に居住者(住民)主体の視点から行っています。安全な場所で、安心して暮らせる居住地計画、緑地・農地・里山・海辺と居住者との関係を見据えた地域居住空間等について分析します。また居住者主体の要となる住教育の研究・実践にも取り組んでいます。

  • 片山 伸也准教授

    【都市史・建築史、文化的景観保全】ヨーロッパ(特にイタリア)および日本の都市をフィールドとして、都市史・建築史の調査研究を行なっています。文化的景観の調査や歴史的建造物の利活用の提案へと発展させながら、景観あるいは建築に表出する人々の社会的営みと時代の思想を探求しています。

  • 是澤 紀子准教授

    【文化財保存、都市・建築史、景観論】文化財保存学と都市・建築史学を両輪に、今日までの歴史的な都市・建築とそこでの居住環境を読み解き、土地の文脈を生かした保存・再生に関する研究を行っています。

  • 細井 昭憲准教授

    【居住環境計画、建築設備】快適な居住環境計画のため、水・熱・空気・音・光・エネルギーなどの物理的要素と人間の感覚・生理・心理・意識との関係をライフスタイルも含め明らかにするとともに、建築と設備のあり方について研究しています。

  • 宮 晶子准教授

    【建築設計】「知覚すること」「行動すること」などの初源的な視点から人と人、人と場、人と空間の関係を考察することで、現代生活をとらえなおし、日常をよりよくするために現代建築に何ができるか、その可能性の探求および設計を行います。