児童学専攻 教員一覧

  • 石井 光恵教授

    【児童文化】子どもの豊かな成長発達にかかわる児童文化の視点を中心軸に、赤ちゃん絵本からアート絵本まで、絵本について幅広く研究しています。

  • 岡本 吉生教授

    【家族心理学・犯罪心理学】家族の葛藤や子どもの問題行動についての心理臨床的な諸問題を研究しています。

  • 川端 有子教授

    【児童文学】児童文学を歴史や社会、文化との関わり、「子ども観」の変遷などから分析・解明する研究をしています。

  • 根津 知佳子教授

    【音楽教育・音楽療法】創造的な音楽的場の創出を重視しています。特に、即興的な音楽的場で綾なされる「音楽的対話」の構造やその変容に関する分析・評価方法を追究しています。

  • 吉澤 一弥教授

    【精神医学】メラニー・クライン、ビック、ビオン、メルツァーらのクライン学派の理論的研究を様々な形で検証しています。

  • 和田 直人教授

    【美術・デザイン】子どもの感性を育成するための美術・デザインの造形原理について、理論と実践(制作)の両面から幅広く研究しています。

  • 安藤 朗子准教授

    【発達臨床心理学・発達心理学】これまで極低出生体重児の縦断的な発達研究を行ってきましたが、現在は青年期の発達について事例研究を行っています。また、父親や母親の育児不安研究および心理臨床支援を行っています。

  • 請川 滋大准教授

    【幼児教育・発達心理学】「子ども達の自発的な活動を支えるための大人の役割」についてを大きなテーマとしています。具体的には、(1)幼稚園における「帰りの会」場面、(2)水辺における子どもたちの遊び場面、これらの自然観察を行っています。

  • 和田上 貴昭准教授

    【社会福祉学】児童養護施設で暮らす子ども達の支援や、外国にルーツのある子ども達と保護者の支援について研究しています。