科学的・文化的視点から
被服と衣生活を創造する

被服学科

科学的・文化的視点から
被服と衣生活を創造する

生活環境が著しく変化する現代において、時代に即した被服のあり方とは何かを科学的・文化的視点から総合的に追究します。より良い人間生活の向上に役立つ被服を創造することで、繊維・ファッション業界などの多彩な分野で活躍し、社会に貢献できる人材を育成します。

学科の特色

  • 1被服学の本質を学び総合力を身につける

    広い視野から被服を理解するために、被服素材、デザイン・生産、文化、流通・消費に関する幅広い科目を配置。講義科目と実験・実習・演習科目をバランス良く構成したカリキュラムで、被服のスペシャリストとしての総合力を身につけます。

  • 2目標実現のためのコース制

    将来の目標を実現させるために、科目履修のガイドラインとなるコース制を設けています。1.テキスタイルサイエンス 2.ファッションデザイン 3.テキスタイルアートの3コースからなり、学習効率を高めるためのモデルにしています。

  • 3多彩なカリキュラムで資格取得をサポート

    「繊維製品品質管理士(TES)」、「パターンメーキング技術検定」など、繊維やファッション業界必携の資格取得もサポートしています。所定の科目単位を修得すれば「衣料管理士(TA)一級」の資格取得も可能です。

被服学科の4年間

1

幅広く被服を学び基礎力を養う

専門科目への導入として、各種の概説や基礎実験などの科目を履修し、4年間のベースとなる基礎力を養います。

2

専門科目を選択履修し自らの方向性を探る

材料・造形・衣環境・整理染色・美学・消費などの被服に関わる各専門科目を選択履修し、学びの方向性を探ります。

3

所属ゼミを決定し、応用力を養う

2年次までの学びをふまえて、所属するゼミを決めます。蓄積した基礎知識と技術を発展させ、専門領域を深めます。

4

4年間の学びを卒業論文にまとめる

これまで学んできたことや研究内容を、4年間の集大成として、卒業論文を完成させます。

Pickup

授業紹介

染織文化史

日本を中心に、繊維の利用、糸づくり、染め、織りの歴史を学びます。木綿や絹などの天然繊維の利用方法や、絞りや型染めなどの現在も各地で行われている伝統的な染めの技法、三原織組織、羅織り、錦織などの織りの技法について、映像資料を用いて視覚的に理解します。さらに、伝統染織の保存、継承の問題についても考えていきます。

学生一人ひとりに応じた支援できめ細やかなサポートを実現

日本女子大学が目指しているのは、社会に貢献できる自立した女性を育てることです。
卒業した学生が生涯にわたって個々の力を発揮するために、また、目指している職業に就き、自己実現を果たせるように、就職支援に力を入れています。