緊急事態宣言解除に伴う本学の対応について

【緊急事態宣言解除に伴う本学の対応について(学長メッセージ)】
(2021年6月18日掲載)

東京都における緊急事態宣言が6月20日で解除されることが決定しました。

これを受け、本学の授業対応については、緊急事態宣言発令後、対面授業から遠隔授業へ変更した科目については、出来うる限りの感染予防策を講じた上で、原則として、対面授業に戻します。
(前期中は遠隔授業に変更すると指示した科目は除きます。在学生にはJASMINE-Naviで詳細をお知らせします。)

対面授業については、安全を第一に、今後も変化する状況に合わせ、柔軟に対応していきたいと考えています。

なお、感染力が各段に強い新型コロナウイルス変異株が拡大し、大半がこれに置き換わっているとの報告もなされており、東京都では、緊急事態宣言解除後もまん延防止等重点措置が適用され、楽観できない状況に変わりはありません。

東京オリンピック・パラリンピックの挙行が想定される中、その後の状況は予断を許しませんが、後期開始後も、可能な限り、対面授業は維持していきたいと思います。

高齢者のワクチン接種が進捗しているものの、在学生の皆さん、教員、職員等に行き渡るにはいましばらく期間を要することが見込まれます。

学内、学外問わず、手指消毒の徹底、会食の自粛、マスクの着用等を徹底の上、会食だけでなく、不要不急の外出は極力控えるなど、一人ひとりが感染拡大防止への取り組みを、引き続き、実行してください。そうした行動が大学の安全安心な環境を維持し、対面授業の継続にもつながります。

ご協力をお願い致します。

2021年6月18日
日本女子大学
学長 篠原 聡子