保健管理センター

【感染予防について】(2020年8月6日)

本学各キャンパスでは、感染予防のため、以下の対策を講じています。

(1)日本女子大学・大学院の行動指針に基づき、3密を避けるため、入構制限を行っています。
(2)入構の際は、全員にマスクの着用を依頼しています。また、体調の悪い方には入構の自粛をお願いしています。
(3)建物の各入口に手指消毒用のアルコール消毒液を設置しています。
(4)文部科学省や東京都、神奈川県等の要請に従い、通常清掃に加えて消毒を行っています。
(5)飛沫感染防止のため、事務室の窓口等にアクリル板やビニールシートを設置しています。
(6)建物の機械換気の他、窓や出入り口の開放など,建物内の換気を確保しています。
(7)対面授業で使用する教室は、一定の距離を保って着席するよう、着席不可とする席を設けています。

学生の皆さん及び本学に来校する方に、以下のことをお願いいたします。

(1)毎日検温し、「健康状態記録表」 (248.58 KB)に記録のうえ、入構の際は同記録表を携行してください。
発熱等の風邪症状がある場合は、当日及び症状消失後3日は出校を自粛してください。(感染が疑われる場合についてを参照)
(2)入構中はマスク等を着用してください(マスクをしていないと入構できません)。ただし、熱中症には注意してください。
(3)石鹸による手洗い・咳エチケットを励行してください。
(4)キャンパス内外に関わらず、3密にならないよう注意してください。
(5)大学での用事が終わったら、なるべく早く帰りましょう。

【新型コロナウイルス感染症と診断された場合】(2020年8月6日)

保健所、医療機関の指示に従い治療を受け、直ちに、本人または保護者から保健管理センターにお知らせください。
主治医の許可があるまで、出校を自粛してください。出校開始の際は、「健康状態記録表」 (248.58 KB)、治癒証明書又は診断書の提出が必要です。

目 白キャンパス保健管理センター:03-5981-3384
西生田キャンパス保健管理センター:044-952-6949
新型コロナウイルス感染症と診断された場合:PC・スマートフォン用入力フォーム

【感染が疑われる場合について】(2020年8月6日)

毎日、体温を測定して、「健康状態記録表」 (248.58 KB)に記録しておきましょう。
自宅での感染予防を徹底しましょう。

次の(1)~(3)の場合、学生及び教職員は、速やかに保健管理センターへ連絡をお願いします。
保健管理センター連絡用入力フォーム(PC・スマートフォン)

(1) 発熱等の風邪の症状が見られるとき

症状が消失してから少なくとも3日間、出校は自粛してください。
なお、次の症状がある場合は、「帰国者・接触者相談センター」等に相談しましょう。 
少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐにご相談ください。
 ・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
 ・重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)
(妊婦の方へ)
妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等にご相談ください。

(2)濃厚接触者に特定されたとき

保健所の指示に従い、健康観察、自宅待機、医療機関受診を行ってください。PCR検査の結果陰性だった場合でも、新型コロナウイルス感染症と診断された者と最後に濃厚接触をした日から起算して2週間、出校は自粛してください。

(3)同居家族が濃厚接触者に特定されたとき

医療機関や保健所の指示に従い、健康観察と自宅待機をしてください。また、少なくとも、同居家族のPCR検査結果が陰性と判定されるまで、出校は自粛してください。

<出校再開について>

健康観察により、新型コロナウイルス感染症と診断されなかった方は、出校再開の際、記録した「健康状態記録表」 (248.58 KB)及び、下記の「自宅待機・療養報告書」を印刷し、必要事項を記入して、保健管理センターへ提出してください。