-緊急事態宣言発出への本学授業対応について-

【-緊急事態宣言発出への本学授業対応について-(学長メッセージ)】   (2021年1月8日掲載)

2021年1月7日に東京都を含む首都圏を対象として、再度緊急事態宣言が発出されました。

今回は、前回と異なり高等教育機関は対象から外れていますが、東京をはじめとする深刻な感染拡大状況が続いており、学内で検討した結果、本年度後期1月12日以降の対面授業については、以下の方針で対応することにします。

・現在、対面授業で実施されている授業については、可能な限り、極力遠隔授業に変更して実施する。
・ただし、学修効果を鑑みて遠隔授業では難しいと判断される場合は、引き続き対面授業で行うが、その場合も感染防止に最大限配慮して実施する。
・健康上の理由などで対面授業への出席について懸念がある学生には、引き続き配慮を行う。

今後の感染状況によってはさらに厳しい行動制限等が示され対応を迫られる可能性もあります。本学でも入構等の対応について変更を行う場合がありますので、大学および学科からの連絡を随時確認してください。

学外においても、不要不急の外出や飲食を伴う活動については、これまで以上に行動の見直しや感染防止に努めていただく必要があります。
皆さんのご理解、ご協力のほど、よろしくお願いします。

2021年1月8日 
日本女子大学 学長 篠原 聡子