お知らせ

お知らせ

2018年度 修士論文公開発表会の開催報告

2018年度 現代社会論専攻 修士論文公開発表会が、下記の要領にて開催されました。本年度修士論文を提出した3名が報告し、司会、タイムキーパーを博士課程後期院生が務めたほか、現代社会論専攻の教員、院生、学部生など多数の参加者がありました。
報告者3名が、それぞれ研究背景を踏まえた独自の問いを設定し、アンケートやインタビュー調査などから得られた情報に基づいて論を練り上げた成果が伺え、活発な質疑応答が行われました。

日時
2019年2月14日(木)
10:00~12:00

会場
日本女子大学 西生田キャンパス
九十年館A棟 第1会議室

プログラム
◆10:00~
鈴木 沙織
「女性の移動の安全と女性活躍の相関関係—女性専用車両と今後の課題—」
◆10:30~
三塚 悠
「父子家庭研究を問い直す—シングルファーザーの語る婚姻中の性別役割分業意識を手掛かりに—」
◆11:00~
龍 彦燕
「中国の多民族社会における婚姻儀礼について—広西チワン族自治区の例から—」

司会:枝川 碧(博士課程後期 3年次生)
タイムキーパー:伊吹 美貴子(博士課程後期 3年次生)

*持ち時間は一人30分(発表20分、質疑10分)