イベント(講演会・公開講座)

3/13(土)開催

コロナ禍で女性労働を見つめ直す

内容 シンポジウムプログラム

13:00-13:05  開会の辞 大沢真知子(現代女性キャリア研究所所長)
13:05-13:10  挨拶  篠原聡子(日本女子大学学長)
第1部 <パネリスト報告>
13:10-13:30  「新型コロナの影響下での在宅勤務の推進と男女の機会不平等」 山口一男(シカゴ大学教授)
13:30-13:50   「新型コロナと女性の雇用危機」 周 燕飛((独)労働政策研究・研修機構 主任研究員)
13:50-14:10  「コロナ禍における女性の影響と課題」 井上久美枝(日本労働組合総連合会 常任中央執行委員)
第2部 <パネルディスカッション>
14:10-14:30  パネルディスカッション・質疑応答
コーディネーター 大沢真知子(現代女性キャリア研究所所長)
日時 2021年3月13日(土)
13:00~14:30
開催方法 ウェビナー(※在学生・教職員のみ来場可能です。)
(前日までにご指定のメールアドレスにURLをお送りいたします)
参加対象者 どなたでも参加可
参加費 無料
主催 日本女子大学現代女性キャリア研究所
お申し込み方法 メールにてお申し込みください。
お申込の際は、件名を「シンポジウム申込み」とし、氏名・連絡先・所属(ある場合のみ)をご記入の上、下記アドレスにメールでお送りください。
riwac@fc.jwu.ac.jp(要申込み:3月8日まで)
詳細URL シンポジウムの詳細はこちらをご覧ください。
お問い合わせ先
日本女子大学現代女性キャリア研究所
riwac@fc.jwu.ac.jp