イベント(講演会・公開講座)

12/19(土)開催

文学部・文学研究科 学術交流企画シンポジウム 第2回 相互行為と語学教育(Zoom開催)

日時 2020年12月19日(土)
13:30~17:00
プログラム概要 ◆開会の挨拶 13:30-13:35
◆第一部:研究発表 13:35-15:30
<会話のメカニズムを探る:協調的な関係の構築を目指して>
   【司会】:田邊和子(日本女子大学)
   ・竹田らら(東京電機大学)
     「他者反復にみる言語的『重なり』と非言語的『重なり』 の共起:
     日本人英語学習者のデータから」
   ・池沙弥(名城大学)
     「スマイル×うなずき=ラポール?
     インタラクション分析を通してみるラポールの協働構築」
   ・大谷麻美(京都女子大学)
     「日本人の英語会話に見る話題の展開方法:話題の積み重ねと
     ラポール形成」
  
◆第二部:招待講演 15:40-16:55
   「ことばを学ぶことの〈根拠〉は、どこに在るのか」
野間秀樹 先生(言語学者)
【講演者紹介】 野間秀樹(のま ひでき)先生
言語学者。東京外国語大学大学院教授、国際教養大学客員教授、
ソウル大学校韓国文化研究所特別研究員、明治学院大学教養教育センター
特命教授などを歴任。
著書に『ハングルの誕生』(アジア・太平洋賞大賞)、『言語存在論』(東京大学出版会)等、編著書に『韓国語教育論講座(全5巻)』、『韓国・朝鮮の知を読む』(クオン、パピルス賞受賞)等。
2005年大韓民国文化褒章受章。2012年周時経学術賞受賞。

◆開会の挨拶 16:55-17:00
参加対象者 どなたでもご参加いただけます
参加費 無料
主催 日本女子大学 文学部 文学研究科 
共催 科学研究費基盤研究(C)「日本の社会構造変化と敬語の簡素化~話題敬語から他者敬語へ~」(代表:田辺和子)
科学研究費基盤研究(C)「日本人大学生英語学習者への会話指導における協働創作文活動を統合した教育法の提案」(代表: 竹田らら)
お申込み方法 事前申込制
下記URLから申込みを行って下さい。折り返し、Zoomのアドレスをお知らせします。
お申し込み先 お申込みフォーム
お問い合わせ先
日本女子大学 文学部 日本文学科 留学生科目中央研究室 
TEL:03-5981-3724
ryugakuken@fc.jwu.ac.jp