教養特別講義

自分の進むべき道を探究する教養特別講義

「教養特別講義」は創立者・成瀬仁蔵の「実践倫理」を原点とし、学生が知識だけに偏らず自己実現を果たすとともに、社会に貢献できる人材となることを目指して1966(昭和41)年に始まりました。現在でも全学生の必修科目となっています。
教養特別講義1は、本学の教育の根幹となる1年次の必修科目です。学園の理念や精神を知ることで本学で学ぶ意義を知り、自分の生き方・生かし方を深く見つめます。
教養特別講義2(2年次・3年次)は社会の第一線で活躍する方々の講演とディスカッションを通して、社会への関心を高め、現代社会のあり方、そしてより良い未来の社会の実現に向け自分は何をすべきなのか、人として女性として、より良く生きるためにどうすべきかを考えていきます。