障がい学生支援

障がい学生支援について

本学では、障害のある学生に対して、公正な教育を保障し、修学支援を推進することを目的として、障害者基本法の理念にのっとり「日本女子大学障がい学生支援委員会」を設置し、各組織と連携して修学支援を行っています。
障がい学生支援委員会では、学生の修学支援として、次のような活動を行っています。

  1. 障がい学生の受験から受け入れ、修学に関する各部門の連繋と協働について検討する。
  2. 在籍する障がい学生の修学に関するニーズを把握し、修学支援を推進する。
  3. 本学の教育理念に基づき、教職員及び学生全体に対して、障がいに対する差別禁止と合理的配慮を進める。また、大学の社会的責任等にかかわる啓蒙教育を進める。

障がいのある方でこれから受験を考えている場合は、入試の際必要となる配慮その他に関して入学課に必ずご相談下さい。入学後のサポートに関しては、所属学科にご相談下さい。学科アドバイザーを経て、必要に応じて関係部署と連繋しつつ、合理的配慮に基づく支援を検討いたします。

障がい学生支援委員会

支援内容

障がい学生支援委員会では、授業・定期試験に対する合理的配慮の提供、障がい学生支援研修会、情報保障者育成講座、バリアフリー化の推進、専門家による相談等を実施しています。

支援に関する窓口

ダイバーシティ推進室

 場  所:百年館高層棟1階
      
 開室時間:平日9:00~17:00 土9:00~11:30
      日曜・祝日は閉室
      長期休暇中等の閉室については、お問い合わせください。

※在学中の修学支援については、学生本人からの要望であり、その必要性を障がい学生支援委員会等で確認しながら、対応することになります。