高等教育の修学支援新制度について

高等教育の修学支援新制度について
(日本学生支援機構給付奨学金及び授業料等減免)

日本女子大学は、2020年度から実施の「大学等における修学の支援に関する法律」に基づく新たな修学支援制度「高等教育の修学支援新制度」の対象校となっております。

「高等教育の修学支援新制度」の対象者は、本学在学にあたり、以下の支援を受けることができます。

※通信教育課程についてはこちらをご参照ください。

(単位:円)

区分 入学金
(減免額)
授業料
(減免額)
給付奨学金
(日本学生支援機構より給付)
自宅生 自宅外生
第Ⅰ区分 200,000 700,000 459,600 909,600
第Ⅱ区分 第Ⅰ区分の3分の2の額
第Ⅲ区分 第Ⅰ区分の3分の1の額

※通学課程の全学部共通。
※金額は年額。
※入学金の減免は、2020年度以降の新入生のみ対象(入学時のみ1回限り)。
※第Ⅰ区分~第Ⅲ区分は、世帯の所得金額に基づく区分となります。

なお、本制度では、授業料減免と給付奨学金それぞれについて継続申請の手続きを行う必要があります。時期や内容については以下を確認してください。

   時期 内容 備考
授業料減免 7~9月及び
1~3月
「継続願」用紙の提出    
給付奨学金 4・7・10月 在籍報告 スカラネット・パーソナルから行う
12月~ 継続手続 スカラネット・パーソナルから行う

※詳細な手続きについては、各時期にJASMINE-Navi等を通じてお知らせする予定です。
※上記以外に、学業成績(毎年度末)により認定の継続又は廃止の審査、収入額・資産額(毎年夏頃)により支援区分の見直しの判定が行われます。

在学生の皆さまへ

 本制度では、原則として年に2回、春と秋に奨学生の採用が行われます。春採用は4月上旬頃、秋採用は9~10月頃より申請受付を行う予定ですので、申請を検討されている方は忘れずに申し込みをしてください。なお、授業料減免の申請も同時に行っていただきます。詳細についてはJASMINE-Navi及び学生課掲示板を通じてお知らせします。
 自身が本制度の対象となるかを確認するためには、日本学生支援機構が作成した「奨学資金シミュレーター」を活用してください。
 また、家計急変の場合は、随時相談を受け付けますが、事由発生後3ヶ月以内に手続きが必要です。
詳しくは、日本学生支援機構のホームページ(給付奨学金(家計急変)をご確認ください。

  • 独立行政法人 日本学生支援機構 進学資金シミュレーター

独立行政法人 日本学生支援機構 進学資金シミュレーター

受験生の皆さまへ

高等学校等で申請をおこない、支援対象となった方につきましては、各入試の「入学手続要領」及び入学手続完了後にご連絡する「入学の手引」により手続の確認をしてください。
また、本学へ入学後、新たに申込を希望される方につきましても、「入学の手引」をご参照ください。

参考サイト

<問い合わせ先>
〒112-8681
東京都文京区目白台2-8-1
学校法人日本女子大学
奨学金について:03-5981-3316(学生課)
学費について:03-5981-3251(経理課)