住居学科

お祝いメッセージ

新型コロナウイルスへの対応に、日本中が右往左往する中での受験は、本当に大変だったことと思います。そのような中での合格おめでとうございます。
住居学は身近な住まい・建築・都市空間について学ぶ総合学問です。高等学校で学んできた様々な教科の知識をベースにして、あなたの可能性を伸ばすチャンスが待っています。建物の設計はもちろん、構造面からの建物の安全性、新型コロナウイルスへの対応で特に意識された室内の空気質や、温度・湿度を良い状態に保つ建築環境を考えることができるようになります。また建物デザインの歴史的な変遷を知ることで、新しいデザインの可能性を考え、地域らしさを見出し、伝えることもできます。
知識を得るだけでなく、自ら考え提案することの多い住居学科の学びで成長した卒業生は、企業からも高く評価されています。企業の中で働くだけでなく、自ら起業する卒業生も少なくありません。
住居学科で未来を創る知識・スキル、そして考え方をともに学びましょう。世界的建築家として活躍する卒業生、妹島和代氏設計の新図書館・新校舎でお会いする日を楽しみにしています。

住居学科長 薬袋 奈美子