総合型選抜 学科メッセージ 児童学科

2021年度 

家政学部 児童学科

1.求める人物像

児童学科が求める人材は、情報や条件から論理的に結論を導くことができる思考力、得意なことやユニークなことを学修に生かせる応用力など、文系理系を問わずに幅広い能力をもつ学生です。子どもや子どもの環境から課題を見つけ、その課題の問題を解決したり、新たな発見をしたりする主体的探究心をもつ意欲ある方は、この総合型選抜にチャレンジしてください。

2.小論文について

小論文では、子どもや子どもを取り巻く様々な環境や文化について関心を持ち、多角的な視点から考えを巡らせることができるかを試験します。ニュースなどから情報を得て考える習慣を普段から身に付けておきましょう。

3.口述試験について

①児童学科でどのようなことを学びたいか、②自分の得意なことなどを児童学科での学びにどのように生かしたいか、③子どもを巡る事件や社会情勢についてどのように考えているか、④取得したい資格の4点を中心にお聞きします。以上を事前に準備して面接試験に臨んでください。