総合型選抜 学科メッセージ 物質生物科学科

2021年度

理学部 物質生物科学科

求める人物像と試験対策について

物質生物科学科では、化学や生物学を基盤とし、さらにその融合領域での教育研究に積極的に取り組んでいます。そのため、当学科の学生は、幅広い視野に基づいて学修し、そこから一人一人の興味を伸ばしていくことが求められます。そこで総合型選抜では、まずは化学または生物学に関する基礎知識を備えつつ、本学科での学びに強い意欲をもつ方を選抜いたします。

受験対策は、本学の一般入試と基本的に同じです。事前課題(小論文)では、知識や事実を単に書き並べるのではなく、それらに対するあなたの考えを論理的に記述して下さい。また、適性検査では、高校で学ぶべき化学や生物学の基礎知識を有しているかどうかを審査します。具体的には、高校の教科書の「化学基礎」、「化学」、「生物基礎」、「生物」に準ずる範囲から出題します。

口述試験では、事前課題や適性検査の内容を踏まえつつ、受験生自身が、化学や生物学と社会のかかわりについて、主体的な考えを持っているかなどを見ることになります。

総合型選抜「適性検査」 例題 (104.92 KB)