社会福祉学専攻 教員一覧

  • 小山 聡子教授

    【障害福祉論と障害学、ミクロソーシャルワークとその教育方法】現代思想の趨勢を踏まえ、ソーシャルワークの専門(職)性がはらむ自己矛盾について検討し、批判的教授法(クリティカル・ペダゴジー)の立場からその教育方法を追及しています。

  • 沈 潔教授

    【比較福祉論・東アジア社会福祉】東アジア諸国の社会福祉の歴史的な形成経緯をたどりながら、現在直面している新たな課題について、比較の視点から検討します。また、比較検討のための分析手法や理論構築に関する研究にも取り組んでいます。

  • 林 浩康教授

    【子ども・家族支援論】里親や児童養護施設および児童相談所や市町村における子どもや家族支援のあり方について具体的に検討しています。

  • 久田 則夫教授

    【利用者本位サービス論、社会福祉組織運営論、英国コミュニティケア論】利用者本位サービスの実現を目指し、英国において培われた知見をベースとしながら、その理論的枠組みと実践技法に関する研究に取り組んでいます。

  • 増田 幸弘教授

    【社会保障法・労働法】専門は厚生と労働の法と政策です。最近の関心は、「多様な家族関係の法と政策」「医療保障と私的医療保険」「労働衛生と法」です。

  • 渡部 律子教授

    【高齢者福祉論、ソーシャルワーク援助技術理論、ケアマネジメント実践、スーパービジョン】高齢者とその家族が抱える課題を解決するためにソーシャルワーク援助技術理論をいかに応用していくかを考えていきます。そのプロセスで、スーパービジョンなどを通したソーシャルワーカーの現任教育の課題を探求していきます。

  • 赤澤 輝和准教授

    【医療福祉とソーシャルワーク、緩和ケア】身体疾患患者の心理社会的側面、病気関連行動が主な研究テーマです。医療福祉が患者を理解するための知見を、ソーシャルワークが介入の視点を提供します。

  • 岩永 理恵准教授

    【社会福祉政策、貧困・社会的排除】貧困・社会的排除に関心をもち、この問題に関する政策、特に生活保護制度の歴史分析に重点をおき研究しています。近年は、被災者支援制度の研究、政策形成・展開に関与した官僚等へのオーラルヒストリー研究も行っています。

  • 黒岩 亮子准教授

    【地域福祉論】地域における高齢者等の孤立の実態、地域支え合いシステムをいかに構築するかなど、今日の福祉課題を地域社会でどのように解決していくかについて考えています。

  • 永井 暁子准教授

    【家族福祉政策論・社会福祉調査】専門は家族福祉と社会調査です。「ワークライフバランス」「男性の家事・育児」「家族関係の形成」について研究しています。