相関文化論専攻 教員一覧

  • 奥波 一秀教授

    【音楽文化】ヴァーグナーの楽劇などドイツ近代の音楽文化を中心に、文化と政治の関係について研究しています。

  • 木村 覚教授

    【西洋近代の美学、ダンス研究、現代美術批評の研究】近年は暗黒舞踏やポストモダンダンスなど1960年代以降の芸術表現について精力的に研究しています。

  • 河本 真理教授

    【西洋美術史】西洋美術史、とりわけ近現代美術を専門としています。20世紀美術のコラージュを中心に、世界大戦の表象の問題とも絡めながら研究しています。

  • 坂井 妙子教授

    【19世紀イギリス文化史・服飾史】イギリスらしさについて、様々な文献から探っています。

  • 杉山 直子教授

    【アメリカ文学】アメリカ合衆国の黒人やアジア系といった少数民族の女性作家を中心に、文学に表現される「人種」の概念について、時代背景等も考慮に入れつつ研究しています。

  • 田中 久文教授

    【哲学、倫理学、日本思想史】日本を代表する哲学者、西田幾多郎・和辻哲郎・九鬼周造らを、西洋哲学と東洋の伝統思想との接点において研究しています。

  • 中西 裕二教授

    【民俗学・文化人類学】民俗学・文化人類学的なフィールドワークの手法を用い、日本の宗教民俗文化、およびベトナムを中心としたベトナム民俗文化、華人文化研究を進めています。

  • 朴 倍暎教授

    【韓国哲学、東洋哲学、日韓比較思想史】韓国の近現代哲学を東洋哲学、または日韓比較思想史とのかかわりのなかで分析していきます。

  • Bernard Pascal Leurs教授

    【フランス語・フランス文化・言語コミュニケーション】フランス語教育学や言語学で、言語の本質に関わる研究をしています。さらに現代フランス社会論や日仏比較文化にも領域を拡げています。

  • 三田 明弘教授

    【日中比較文学・説話文学】『今昔物語集』等の日本の説話集と『冥報記』『法苑珠林』等の中国の志怪小説や類書を仏教説話・怪異説話を中心に研究しています。

  • アディソン ニール マシュー准教授

    【イギリス詩・イギリス文学・イギリス文化】19世紀から20世紀初頭のイギリスの詩が研究分野です。 特にイギリスの科学、文化、文学の関係に興味があります。

  • 高井 奈緒准教授

    【フランス文学】19世紀後半のフランスにおける写実主義、自然主義文学。特に作家が身体や衣装をどのように描いたかについて研究を行っています。

  • 田中 有美准教授

    【比較文学・比較文化】アメリカ合衆国、日本、スペイン語圏の相互文化受容について研究しています。

  • 水野 僚子准教授

    【日本美術史】日本美術史、特に中世絵画を専門としています。いわゆる「美術」だけでなく、様々な視覚表象をジェンダー・階級・民族等の観点から分析し、その社会的意味の考察を試みています。

  • 川崎 公平講師

    【映像論・日本映画研究】映画や映像文化が専門です。とりわけ戦後の日本映画を中心に、映像における恐怖と身体の表象について研究しています。