食物・栄養学専攻 教員一覧

  • 飯田 文子教授

    【調理学、食品官能評価論】食肉の食味に関与する成分の分析および物性測定から特徴を明らかにし、それを的確に評価するための官能評価方法を検討します。また味覚に関する訓練方法も検討します。
    【テーマ例】黒毛和種牛肉の食味における油脂とうま味成分の関連性、牛肉のおいしさに関する食感と味について

  • 太田 正人教授

    【生化学、食物生物学】“食物に含まれる天然化合物”と“細胞の受容体や転写調節機構”との相互作用を遺伝子改変マウスなども併用しつつ解析し、『食物と生物の関わり』を研究しています。
    【テーマ例】細胞分化制御因子と天然化合物の相互作用の分子機構の解析

  • 川澄 俊之教授

    【微生物機能の解明とその有効利用】主として“微生物のQuorum Sensing機構の解析”、“微生物間相互作用”、“乳酸菌の機能性の解析”等に関する研究を行っています。
    【テーマ例】Quorum Sensing機構阻害食材の利用による病原性因子の発現抑制、有用機能を有する植物性乳酸菌の特性解析など

  • 五関 正江教授

    【栄養学、骨代謝】骨粗鬆症予防のための栄養学的研究(アルカリホスファターゼという酵素の活性誘導メカニズムの解析や実験動物を用いた各種栄養因子による骨代謝改善効果など)を行っています。
    【テーマ例】骨密度と関連するアルカリホスファターゼ遺伝子多型の機能解析

  • 佐藤 和人教授

    【臨床栄養学、免疫病理学】免疫と栄養に関する研究。1)リウマチ・アレルギー疾患の免疫栄養学的制御法の開発、 2)生活習慣病の免疫栄養学的な視点からの解析などに取り組んでいます。
    【テーマ例】関節リウマチの免疫栄養療法の開発、アレルギー予防と腸管免疫、肥満・糖尿病と免疫、栄養障害と免疫、栄養素の免疫機能に与える影響など

  • 新藤 一敏教授

    【生物有機化学、分析化学】1)食品に含まれる新しい生理活性物質の探索、2)新規カロテノイド・フラボノイドの探索・創製に関する研究を実施しています。共に単離精製、構造決定、生物検定が基盤技術です。
    【テーマ例】新しい機能性カロテノイドの探索・創製

  • 藤井 恵子教授

    【調理科学、食品の物性論】環境と健康を両立させることを目的とした、新調理システムの利用と未利用資源の活用に関する研究を行っています。
    【テーマ例】真空調理を用いた高齢者用食品の開発、穀粉を利用したアレルギー対応食品の開発、健康志向型の食生活を目指した雑穀の利用法に関する研究

  • 松月 弘恵教授

    【フードサービスマネジメント】給食を中心としたフードサービスにおいて、提供側の効率と利用者にとっての効果や満足度を両立させる生産・経営システムに関して研究しています。
    【テーマ例】社員食堂における料理販売率に影響する要因、新調理システム導入による経営のコスト分析

  • 丸山 千寿子教授

    【臨床栄養教育】動脈硬化症の危険因子である脂質異常症、糖尿病、高血圧、高ホモシステイン血症などの予防・治療のための食事療法の開発に関する研究を行っています。
    【テーマ例】1型糖尿病の食事療法に関する研究、食後糖・脂質代謝に及ぼす野菜摂取の影響

  • 鈴木 礼子准教授

    【公衆栄養学・栄養疫学】食物・栄養・運動と生活習慣病(がんなどを含む)との関連を、ライフステージ別(妊娠、授乳、小児、AYA世代、成人、閉経前後)やホルモン受容体別に疫学研究を行っている。
    【テーマ例】未就学児や大学生を対象の地域栄養調査。健常者およびがん患者を対象とした食環境・栄養・味覚調査。食物・運動・栄養と疾病リスクに関する疫学調査。