柔軟な思考を持ち、
「共生社会」をつくる人材へ

社会福祉学科

柔軟な思考を持ち、
「共生社会」をつくる人材へ

アジアの社会福祉教育のパイオニアとしての伝統を継承し、豊かで厚みのある教育を提供しています。幅広い専門科目を設置し、社会のさまざまな領域で応用できる基礎能力を身につけ、柔軟な思考と問題解決能力を有する「共生社会」をつくる人材を育成しています。

学科の特色

  • 1共生社会を実現する意欲と深い知力を養う

    「社会福祉の問題についての認識」「法や制度・政策の体系的理解」「問題解決のための専門技術・方法」を柱に、これらを総合的に学習し、理解します。新しい福祉の創造に意欲を持ち、誰もが自分らしく生きる共生社会を実現する深い知力を養います。

  • 2従来の枠組みにとらわれず広い視野から福祉を学ぶ

    国家にとどまらない公共の在り方を学ぶ「公共政策分野」、福祉の発想に基づく生活環境と文化創造を目指す「福祉文化分野」、人と人とが尊重しあい承認しあえる関係構築のための理論と技法を学ぶ「人間関係分野」など、広い視野から福祉を学びます。

  • 3伝統を受け継ぎながら広がる活躍の場

    所定科目の履修で社会福祉士、精神保健福祉士の受験資格を得られます。1921(大正10)年の学科開設以来、福祉専門職を養成してきましたが、最近では、司法・更生保護、学校教育、NPO、一般企業など、卒業生の活躍の場はますます広がりを見せています。

社会福祉学科の4年間

1

社会福祉のものの見方に幅広く触れる

導入科目や共通科目を通じて、社会福祉ならではのものの見方に幅広く触れ、自らの関心領域を見極めます。

2

体系的な学習を通じて専門性を高める

専門科目を中心に、自らの関心を積極的に掘り下げるための体系的な学習をスタートさせます。

3

演習(ゼミ)で専門的に学び自分のテーマを深める

少人数制の「演習」(ゼミ)がスタートします。自らのテーマを設定し、柔軟な思考で主体的に問題解決を探っていきます。

4

4年間の集大成を結実させる卒業研究

4年間の成果を卒業研究に結実させます。毎年、卒業論文執筆者は全員、口頭またはポスターによる発表会を行います。

Pickup

授業紹介

社会福祉援助技術現場実習指導Ⅰ

3年次の社会福祉士の実習に向けた事前学習のための授業です。実習の意義や実習生に求められる基本的姿勢、社会福祉士の実践現場や価値・知識・技術について、具体的かつ実践的に学びます。その上で実習目標を設定し、学習計画を作成します。実習に対する不安や課題への対処方法も授業の中で学び、自信を持って実習に臨めるよう指導します。

学生一人ひとりに応じた支援できめ細やかなサポートを実現

日本女子大学が目指しているのは、社会に貢献できる自立した女性を育てることです。
卒業した学生が生涯にわたって個々の力を発揮するために、また、目指している職業に就き、自己実現を果たせるように、就職支援に力を入れています。