人間社会学部 カリキュラム

教養特別講義(全学部共通)

生涯のキャリアを意識し、人格と教養を高める

「教養特別講義」は、創立以来続いてきた創立者・成瀬仁蔵の「実践倫理」を原点とし、学生が知識だけに偏らず、自己実現を果たすとともに社会に貢献できるような人材となることを目指して1966(昭和41)年に始まりました。現在でも全学生の必修科目となっています。

基本科目

  • [外国語科目/基礎演習/外国語演習など]

学科専門科目

  • [演習/卒業論文など]

展開科目

  • 地域市民をめざして-人間と社会[基礎経済学/宗教の諸国/国際活動講座など]
  • よき生を求めて-人間と生活[社会スポーツ実習/医学一般/こころの科学など]
  • 知と感性を磨くー人間と知[情報と倫理/美学/情報科学基礎など]

各学科のカリキュラム

自由選択科目

他学部、他大学の科目履修で、ものの見方がさらに広がる

所属学科のほか他学部他学科や、他大学の科目も選択履修が可能
他大学生との交流も魅力

留学生科目

日本を学ぶ外国人留学生のために

体験しながら「日本」を学ぶ外国人留学生のために、 外国人留学生科目、交換留学生科目も設置

キャリア形成科目

実際の就業体験を通じて将来のキャリアデザイン設計に向けて職業観を育成する

[インターンシップI・II/ライフプランとキャリアデザインなど]

資格関係科目

資格取得へのチャレンジで、大学生活がより充実

  • 教職に関する科目
  • 博物館に関する科目
  • 司書及び司書教諭に関する科目
  • 日本語教員養成講座に関する科目

実務教員授業科目一覧

その他

履修方法・成績評価・授与学位、科目ナンバリングについてはこちらをご確認ください。