歴史を学問的にひもとき、
「いかに生きるべきか」を考える

史学科

歴史を学問的にひもとき、
「いかに生きるべきか」を考える

歴史学の学びを通し、歴史的な思考力を鍛えることで、人類の歩みを把握することが目的です。さまざまな地域や時代を探究することで視野を広げて、多様な人間存在への考察を深め、歴史的視点から現代を再認識し、未来に貢献できる人材を養成します。

学科の特色

  • 1三つのコースに分かれて興味関心を究める

    資料解読に力を入れて実地学習を重視する「日本史」、漢字文化圏に加えて中東・中央アジアなど広範な地域を対象とする「東洋史」、ヨーロッパ諸語の習得に努めてヨーロッパの社会形成の歴史を総合的に学ぶ「西洋史」の三つのコースがあります。

  • 2演習重視のカリキュラムで独自の歴史像を構築

    1年次から必修の少人数制のゼミではきめ細かな指導のもと、史料の扱い方や古文書の解読など、歴史を理解する方法を学びます。どの時代・地域・テーマからでも自由に学びをスタートさせて、独自の歴史像を構築することができます。

  • 3実社会でこそ生きる考察力と行動力

    官公庁、企業の芸術文化振興部門、旅行・観光サービス分野、マスメディア関連、企画・広報・広告サービスなど、卒業生が活躍する場はさまざまです。中学(社会)・高校(地理歴史)の教員、司書・司書教諭、博物館学芸員への挑戦も推奨しています。

史学科の4年間

1

各時代、各地域の歴史の概要を把握

「日本史概説」「東洋史概説」「西洋史概説」と「基礎演習」を中心に、歴史学研究の基礎と方法を学びます。

2

興味関心に合わせて専門性を高める

専門的な講義が始まります。また、興味関心に沿って学ぶための、多彩な専門科目が設置されています。

3

少人数制のゼミで歴史と深く向き合う

少人数でのゼミが中心です。各自が選択した専門に合わせて、本格的な歴史研究をさらに進めていきます。

4

知識と技術を活用し卒業論文をまとめる

幅広い知識を活用し、広く深く研究した独自のテーマを4年間の総まとめとして、卒業論文に仕上げます。

Pickup

授業紹介

西洋史講義Ⅱ-2

国民国家とナショナリズムの変容という観点から、激動の20世紀における欧米の歴史に関する知識を身につけ、理解を深めます。二つの世界大戦やロシア革命、冷戦体制、移民と難民などの歴史的な諸問題について、自らが考えることでものごとを見る目を複眼化させます。特に20世紀史を学ぶことで、「暴力」と「社会格差」に対する視野を広げます。

学生一人ひとりに応じた支援できめ細やかなサポートを実現

日本女子大学が目指しているのは、社会に貢献できる自立した女性を育てることです。
卒業した学生が生涯にわたって個々の力を発揮するために、また、目指している職業に就き、自己実現を果たせるように、就職支援に力を入れています。