文学部 カリキュラム

学科科目

文化を深く理解しながら伝統的な人文科学の視点を養う

各学科のカリキュラム

文学部コース制

もう一つの専門を学ぶ

文学部コース制は、各学科に所属しながら希望する学生だけが選択する制度。3コースはそれぞれ学問的知識の向上のみならず、就職・資格取得に役立つよう工夫されています。専門の学びと併せ、卒業後の活躍の場をさらに広げることにつながります。

文化マネジメントコース

行政機関の文化振興部門や芸術文化施設、メナセをはじめ、一般企業の文化事業部門、広告・広報サービスなどで活躍できる能力を養成。

観光・文化コース

観光分野や文化産業で活躍するための資格取得に役立つ知識が身につきます。生涯学習センターの講座受講により、国家資格取得の道も。

文化財コース

史料を文字情報とモノの両面から併せ視ることを重視した科目を効果的に履修することで、学芸員やアーキビストへの道も開かれます。

目白キャンパス3学部(家政学部・文学部・理学部)副専攻

現代女性とキャリア連携専攻

現代女性の生き方、働き方について考え、幅広い知識や思考力、実践力を身につけます。就職、結婚や子育てなどの多様なライフコースを踏まえた、いきいきとした人生設計を考えていきます。

コア科目群

現代女性論、現代男性論、日本の女性史、世界の女性史、女性と身体、女性と職業

3領域の選択科目群

女性文化関連科目(ジェンダー論、女性と国家、女性と法律、女性と芸術 など)

ワークデザイン関連科目

女性と政策、女性と労働論I・II、文章表現法I、プレゼンテーション実習、情報と職業 など

ライフデザイン関連科目

ライフステージと法、国際協力、ボランティア論、ユニバーサルデザイン論、現代家族論I・II など

家政学部・文学部・理学部 共通カリキュラム