栄養面から健康を支える
管理栄養士を目指す

食物学科(管理栄養士専攻)

栄養面から健康を支える
管理栄養士を目指す

現代人の健康を栄養面からサポートする専門家を養成。卒業と同時に栄養士免許が得られ、管理栄養士国家試験の受験資格が取得できます。栄養管理・教育を行う医療職の一員として、現場で求められる思考力と実践力を養います。

学科の特色

  • 1学問的土台となる基礎科目を重視

    栄養学、食品学、調理学、医学の各分野を講義と豊富な実験・実習で学び、栄養の専門家として必要となる基礎知識と技術を習得します。グループワークではチーム医療で必要とされるマネジメント能力やコミュニケーション能力も養います。

  • 2医療職の一員としての自覚を育てる

    臨床医学、臨床栄養学、公衆栄養学、栄養教育論などに関する専門知識を学びつつ、医療職の一員としての自覚と責任感を育てます。また、臨地実習では実践力を養い、医療現場などで責任ある職務を遂行できる栄養の専門家としての能力を培います。

  • 3活躍が期待されるさまざまなフィールド

    卒業と同時に栄養士免許が得られ、医療、福祉、教育、行政、食品産業、スポーツ、研究分野などの多分野で活躍できます。また、栄養教諭資格を取得すれば教育機関で食育の専門家になることが可能です。さらに、大学院へ進学し高度な研究に携わる道も開けています。

食物学科(管理栄養士専攻)の4年間

1

栄養の専門家としての基礎を身につける

栄養学、食品学、調理学、医学・保健の4分野だけでなく生化学、生理学を加えて、基礎的な講義・実験・実習を履修します。

2

1年次の学びを発展させ専門分野の基礎を学ぶ

栄養学、食品学、調理学、医学・保健などの専門分野の基礎知識を学びます。

3

専門分野における知識と技術をさらに深める

専門分野の講義や実験・実習を履修し、より実践的な知識と技術へと発展させて習得します。

4

卒業研究に取り組み研究能力を確かなものに

実験や調査を重ねて卒業研究に取り組み、知識と技術を応用させた確かな研究能力を身につけます。

Pickup

授業紹介

栄養生化学実験

管理栄養士が人々の食生活や栄養の問題を解決するうえで基盤となる生化学に関する理解を、実験を通して深めます。糖質、脂質、タンパク質、ビタミン、酵素、DNAなどに関する実験を行い、その化学的性質や分析方法の原理と手技を学びます。これにより、栄養学や調理学などの関連分野に通じる基礎知識を学びます。

学生一人ひとりに応じた支援できめ細やかなサポートを実現

日本女子大学が目指しているのは、社会に貢献できる自立した女性を育てることです。
卒業した学生が生涯にわたって個々の力を発揮するために、また、目指している職業に就き、自己実現を果たせるように、就職支援に力を入れています。