豊かな創造性を養い、
子どもたちの未来を描く

児童学科

豊かな創造性を養い、
子どもたちの未来を描く

子どもは健やかな暮らしを保障され、多様な環境や人とのつながりの中で成長していきます。児童学科では、子どもの視点に立ちながら、子どもとその生活の場を総合的に研究。子どもに関わるさまざまな課題を解決する方法を追究し、自らの人間力も高めていきます。

学科の特色

  • 1子どもについて多角的にアプローチ

    幅広い視野から「子ども」についての学びを深めるため、児童学をベースに、[発達領域]、[創造・文化領域]、[社会・臨床領域]の3本の柱からなる授業料目群を設置。少人数制のゼミで、文献購読を重ねながら多角的な視点で各自のテーマを追究し、4年間を通じて体験と理論を結びつけます。

  • 2理論と実践で子どもへの理解を深める

    「子どもを観察し、子どもから学ぶ」という教育方針のもと、現場を経験できるフィールドワークを重視。子どもとの触れ合いを通じて、授業で学ぶ理論を体得します。理論だけでなく実践的な経験を積むことで、子どもに対する確かな知識と豊かな想像力を養います。

  • 3子どもの未来を育む児童学のスペシャリスト

    所定の科目を履修することで、幼稚園・中学高校(家庭)の教員免許、および保育士資格を取得することが可能です。多様化、複雑化が著しい保育・教育に関する諸問題に、より良く対応できる実践力を備えた人材を育成します。

児童学科の4年間

1

児童学の全体像を俯瞰し問題意識を高める

「先端児童学序説」で児童学の全体像を把握。学習の第一ステップとして、児童学に関する問題意識を高めます。

2

講義と演習で知識を実践的に学ぶ

希望者は保育者養成コースに登録(1年次に専攻)。さまざまな領域の専門科目を履修することで、実践的な学びを身につけます。

3

少人数での研究で専門的な学びを深める

ゼミ形式の「文献研究」や「課題分析研究」で学びの中から興味のある領域を選択し、少人数で研究を深めていきます。

4

追及したテーマを卒業論文にまとめる

「特別演習」では、興味のあるテーマをさらに追及。「児童学総論」とあわせて、4年間の成果として卒業論文にまとめ上げます。

Pickup

授業紹介

社会的養護2

児童養護施設や里親の下で暮らす子どもたちの支援の実態を探り、保育士に必要とされる専門性について学びます。 子供が置かれている環境と、環境が子どもの成長に与える影響の大きさを学ぶことは、自分自身を見つめなおす機会にもなります。 ロールプレイやグループディスカッションを通して、子どもに寄り添うことの重要性を考えます。

学生一人ひとりに応じた支援できめ細やかなサポートを実現

日本女子大学が目指しているのは、社会に貢献できる自立した女性を育てることです。
卒業した学生が生涯にわたって個々の力を発揮するために、また、目指している職業に就き、自己実現を果たせるように、就職支援に力を入れています。