質の高い生活空間を生み出す
スペシャリストへ

住居学科(建築デザイン専攻)

質の高い生活空間を生み出す
スペシャリストへ

私たちのあらゆる生活空間について、快適な住空間を計画し、デザインできる能力を養います。学術的・技術的・芸術的側面から、住居、公共建築、都市に至る生活空間を学修し、幅広い科学的な知識を備え、鋭い感性と深い思考力、豊かな表現力を培います。

学科の特色

  • 1建築家・デザイナー・技術者 それぞれの高い専門力を養成

    建築学分野の教育に住生活学の視点を加え、高いデザイン力を培うだけでなく、構造、計画、設計、各分野の科目も充実させています。住居から都市までの生活空間を建築学的側面から学ぶことで、これまでにも多くの著名な女性建築家を輩出しています。

  • 2実験・実習・見学授業 多様な授業が実践力を磨く

    さまざまな設計課題や実験・演習に取り組み、建築設計者、技術者、プランナーなどの実務で通用する学びを展開。建築学の専門知識と技術に加え、生活空間に快適さをもたらす豊かな感性と表現力も身につけ、多様な建築・企画に対応できる実践力を磨きます。

  • 3女性の感性と視点を建築デザインへ生かす

    実際の設計に生活者の視点を取り入れる実践力や表現力、生活者の視点に立ちながら居住思想をプレゼンテーションできる能力やコミュニケーション力を養います。確かな技術と女性ならではの感性を備えた創造性豊かな建築家・デザイナー・技術者を養成します。

住居学科(建築デザイン専攻)の4年間

1

生活者の視点に立ち4領域の基礎力を鍛える

生活者の視点に立ち建築を考える姿勢を基本に、あらゆる生活空間を技術、芸術、社会、環境の4領域から考える基礎力を養います。

2

主体的に課題に取り組み建築設計の基礎を学ぶ

主体的な行動を重視した演習科目が始まります。「建築設計Ⅰ」では、生活スタイルから周辺環境まで考慮した提案を行います。

3

建築空間を創造的にデザインする力を養う

2年次の学びを発展させて、建築空間を創造的にデザイン。住居・住環境の社会的課題や設計課題を扱う選択科目も用意されます。

4

多様な建築・企画に対応可能な実践力を高める

これまでの学びを卒業論文・卒業制作にまとめ上げ、建築設計者、技術者、プランナーとして通用する実践力を高めます。

Pickup

授業紹介

建築設計Ⅰ

小グループでの調査と発表、エスキス(スケッチ)を通し、アイデアを図面や模型に表現する設計実習を行います。課題は建築内部の構成に加え、周辺地域とのつながりを考慮したこども園や集合住宅です。調査で得た情報から自分なりの課題を発見し、それに対する答えを一つの建物として統合し提案する力を養います。

学生一人ひとりに応じた支援できめ細やかなサポートを実現

日本女子大学が目指しているのは、社会に貢献できる自立した女性を育てることです。
卒業した学生が生涯にわたって個々の力を発揮するために、また、目指している職業に就き、自己実現を果たせるように、就職支援に力を入れています。