人間社会研究科の3方針

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

(博士課程前期)

  • 人間と社会の諸問題について、学際的・国際的に研究をしたいと希望する人。
  • 高度な専門知識をもって社会に貢献したいという意欲をもった人。

(博士課程後期)

  • 博士課程前期で身に付けた専門知識と研究方法により、更に高度な研究を継続し、社会に貢献したいと希望する人。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成方針)

(博士課程前期)

  • 理論と実践のバランスを考慮した講義科目と演習科目を置く。
  • より学際的な学修のため、他専攻科目の履修、他大学院の授業科目の聴講ができる制度を設ける。
  • 個別指導により、本学学位規程に定められた基準の修士論文を課す。

(博士課程後期)

  • 各専門分野の研究の集大成として、研究計画に基づいた指導のもとで、本学学位規程に定められた基準の博士論文を課す。

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

(博士課程前期)

  • 人間と社会に関わることがらについて広範な学識を有し、専門分野において高度な知識を身に付けている。
  • 人間と社会に関わる今日的な課題を見出し、国際的・学際的な視点からそれに取り組んでいくことができる。
  • 人間と社会に関わる高度に専門的な文献・資料を読み解き、的確な表現力・コミュニケーション力をもって研究成果を発表することができる。
  • 各分野の専門知識及び実践的な活動やフィールドワークを通して、広く社会に貢献することができる。

(博士課程後期)

  • 人間と社会に関わることがらについて広範な学識を有し、専門分野において博士の学位を取得するに足る深い学術的知見を獲得している。
  • 人間と社会に関わる今日的な課題を見出し、国際的・学際的な視点からそれに取り組んでいくことができる。
  • 人間と社会に関わることがらについて、高度に専門的な文献・資料を読み解き、的確な表現力・コミュニケーション力をもって研究成果を発表することができる。
  • 各分野の専門知識及び実践的な活動やフィールドワークを通して、高度に専門的な技能及び研究の成果によって、広く社会に貢献することができる。