社会福祉学専攻

現代の多様な福祉課題に挑戦するために -学問と専門性の確かな基礎を築く

社会福祉学専攻では、広く関連領域の学問を取り込みながら、現代の福祉課題に挑戦できる人材を養成します。前期課程ではコースワークを通じて、

  1. 正しい研究方法論を身につけた研究者の養成、
  2. 高い問題解決能力を身につけ、研究志向を持ったソーシャルワーカーの養成指導を行います。

後期課程では丁寧な個別の論文指導によって課程博士の取得を目指します。

人材養成・教育研究上の目的

本専攻は、ますます多様化、複雑化する現代社会における社会福祉・ソーシャルワークの課題解決のため、国際的視野に立った理論研究とともに、政策形成や援助実践の理論と方法を探求し、高度な調査研究と実践能力をもった人材を養成することを目的とします。

カリキュラム構成

前期課程の修了に必要な単位数は32単位です。必修科目は、指導教員の担当科目(4単位)と、修論指導(特別研究)(10単位)のみです。選択科目は、指導教員と相談して次の中から選択します。

  1. 本専攻が提供する科目
  2. 他専攻が提供する科目
  3. 協定を結んでいる他の大学院が提供する科目

修了後の主な就職先

【博士課程前期 修了生】
行政:東京都、山梨県庁 など
ソーシャルワーカー:横浜市東部地域療育センター、NTT東日本関東病院 など
教育機関:大正大学、日本大学 など
その他:民間企業、留学(カナダ)、本学博士後期課程進学 など

【博士課程後期 修了生】
日本女子大学、文教大学、四国学院大学 など

履修モデル

【注】

  1. 履修モデルは、あくまでも一例です。
  2. PDF中の「推奨授業科目」(緑文字)は、履修モデルの表中の単位数に含みません。

関連情報

社会福祉学専攻 紹介動画

人間社会研究科社会福祉学専攻の紹介動画です。
ぜひご覧ください。

「なぜ、私は大学院に行くか?(社会人編)」
「いろいろな人が、いろいろな形で学んでいます」