心理学専攻

心理学の伝統を正しく受け継ぎ、新しい発展に寄与し得る能力を育成する

本専攻のカリキュラムは以下の3領域からなり、各領域を代表する第一線の教授陣が、優れた研究者・実践家を養成すべく、教育・指導に当たります。

  1. 心理学基礎領域・基礎関連領域:実験心理学をはじめとする学科目により、科学的・ 客観的な心理学理論と研究法について高度な学習の機会を得るとともに、人間の より広い精神活動や行動の諸側面に着目して、精神や行動の発生・発達過程の 解明、社会行動に働く諸変数の探求等について一層高度な学習を行います。
  2. 基礎関連領域:人間のより広い精神活動や行動の諸側面に着目して、精神や行動の発生・発達過程、社会行動に働く諸変数の探求等の高度な学習を行います。
  3. 臨床心理学領域:人間の心理過程について、異常の発生メカニズム、治療方法、診断法等の、高度に専門的な理論と技法を習得します。

前期課程では、心理学の専門家としての研究能力、実践力を徹底して教育指導します。 後期課程では、さらに高度な知見の獲得、問題発見能力と研究推進能力を増進します。

人材養成・教育研究上の目的

本専攻は、人間の心理に関する真理および現代的課題の解明と解決を目指し、人類の文化に貢献できるような、高度な理論的・実証的研究能力を有する研究者、および優れた心理臨床実践能力を有する人材を養成することを目的とします。

カリキュラム構成

本専攻の前期課程は次の2つに分けて入学試験を実施しています。

  1. 心理学基礎領域・基礎関連領域:実験心理学をはじめとする学科目により、科学的・客観的な心理学理論と研究法について高度な学習の機会を得るとともに、人間のより広い精神活動や行動の諸側面に着目して、精神や行動の発生・発達過程の解明、社会行動に働く諸変数の探求等について一層高度な学習を行います。
  2. 臨床心理学領域:こころの健康と病理に関する諸理論と臨床心理学的研究方法を学ぶとともに、臨床心理学的援助の専門的実践力を習得します。

専攻者は 3領域から科目を選ぶことができます。「臨床心理学領域」は(財)日本臨床心理士資格認定協会の第 1種指定校となっており、近年の臨床心理士試験合格率はほぼ100%です。

修了後の主な就職先

【博士課程前期 修了生】

  • 心理学基礎領域・基礎関連領域
    日立システムアンドサービス、アメリカン・エキスプレス・ジャパン、日本光電工業、内田洋行ITソリューションズ、りそな銀行、東京・特別区I類 など
  • 臨床心理学領域
    法務省専門職、東京都職員(心理)、静岡県庁(心理判定員)、川崎市総合教育センター、国立国際医療研究センター国府台病院、横浜市リハビリテーション事業団、千代田区子ども家庭支援センター、 小平記念日立教育振興財団日立家庭教育センター、山梨県学校配置スクールカウンセラー、東京都立国際高校スクールカウンセラー、日本女子大学心理相談室助手、警視庁、横浜市北部児童相談所、北里研究所北里大学東病院 など

【博士課程後期 修了生】

千葉大学教育学部、愛知教育大学、国際医療福祉大学院、愛知淑徳大学、神奈川大学、 東洋大学、東北学院大学、洗足こども短期大学、白梅学園大学、日本女子大学 など

履修モデル

【注】

  1. 履修モデルは、あくまでも一例です。
  2. PDF中の「推奨授業科目」(緑文字)は、履修モデルの表中の単位数に含みません。

関連情報

オンライン進学説明会

心理学専攻では、進学を希望する方に向けて下記に入試説明用資料と大学院バーチャルキャンパスツアーを用意しました。
学生生活のイメ—ジがつかみやすくなるよう、実際に在籍する現役院生と一緒に作成しました。

キャンパスツアー動画