保健管理センター

新型コロナウイルス感染予防、感染拡大防止に伴う
保健管理センターの利用について

当面の間、保健管理センターの利用方法を変更します。

1.保健管理センターご利用の際、来室前後に、手洗いを励行し、マスクを着用してください。

2.登校後に発熱等の風邪の症状が出現した場合は、他者との接触は出来るだけ避け、
  速やかに帰宅し療養してください。

3.原則、保健管理センターでの静養は出来ません。
  状況により、保健管理センターでの静養を必要とする場合は、あくまでも医療機関受診
  もしくは帰宅するまでの措置として30分までの利用とします。 

4.来室(付き添いなど)は最少人数で。
  付き添いの方は、保健管理センター内には入れません。

2021年4月 保健管理センター

保健管理センターは、学園全体の保健管理を行う機関であり、皆さんが心身ともに健康で充実した大学での生活を過ごせるよう体制を整えています。
そして、学生の皆さんが現代を生きる女性として、ライフサイクルを理解し自己実現を達成できることをめざして、生涯を通じて自らが、健康の保持・増進ができる力を養うためのサポートをします。

  1. 安全・安心な医療・看護に基づく支援をします。(応急手当や近隣医療機関等への紹介などを行っています。)
  2. 正確な健康情報を選択し、知識として身につけ、健康的な行動ができるための実践力を培う支援をします。
  3. 自立した社会人となるために、自分で自分の健康管理ができるための支援をします。
  4. 幼稚園から大学までの系統立てた健康教育活動に基づく支援をします。

開室時間

月~水・金 9:00~18:40
木・土   9:00~17:00

※学事日程により、開室日・時間等、変更する場合があります。

病気または健康上の理由により、医師より運動制限、活動制限を指示されている方、または学校生活(授業・体育履修・セミナー参加等)において、必要な配慮や希望事項がある方は、保健管理センターにご相談ください。保健管理センターでは皆さんの健康状態を確認し、安全に学校生活を送るために必要な支援を行います。

定期健康診断

健康診断は、学校保健安全法に基づき、各自の健康状態を把握し、疾患等の早期発見・早期治療のため、毎年4月に実施しており、学生は全員受診する義務があります。自分の健康に関心を持って、1年に一度は自分の健康をチェックし、生涯にわたり健康であるよう、個人の健康管理、生活習慣の見直しに役立ててください。
詳細については、JASMINE-Naviを確認してください。

健康相談

専門医による内科相談、婦人科相談を定期的に実施しています。看護職員は、随時対応していますので、心身の健康に関することについて気軽に相談してください。

健康教育

学生の皆さんが、自分の健康を自分の責任で守り、健康管理が実践できるよう、様々な健康情報の提供を行っています。
●アルコール体質判定テスト
●測ってわかる健康(体組成測定、視力測定、血圧測定、ヘモグロビン推定値測定)
●禁煙支援(ニコチン代替療法を利用した禁煙プログラムの実施等)
●感染症予防に関する情報提供・支援
●応急手当(基本的な心肺蘇生法、AEDの使用方法等)
●乳がん自己検診のための乳房モデルなどの設置

健康診断書・健康診断証明書の発行

各項目の詳細については、JASMINE-Navi「固定情報」に掲載しています。