メニュー


SDGs推進への取り組み



 

 

日本女子大学SDGs宣言

 

SDGsに取り組む学校法人日本女子大学ステートメント

 

日本女子大学は、女性が高等教育を受ける機会から遠ざけられていた明治時代に、性別による障壁を取り払い、意欲ある女性たちの能力を引き出し高めるために設立された女子高等教育機関です。

 

時代は移り変わりましたが、本学は現代社会において女性をエンパワーする使命を一層強く担い、教育に取り組んでいます。一方で、従来女性というジェンダーに期待されてきた生活者の視点から、社会改善に資する研究上の新領域を多岐にわたり切り拓いてきました。さらには、平和な世界の実現のために女性が果たす役割の重要性を説いた創立者の理念が、本学には現在も脈々と息づき、継承されています。

 

2015年の国連サミットで採択されたSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)は、2030年までを期限とする国際目標です。その17の目標の中には、本学こそが実現のための提案、活動、人材育成等において役割を果たすべきものがいくつもあります。

 

日本女子大学は、持続可能な社会の構築に向けて、学生・生徒等、教職員、卒業生、関連する自治体・企業・地域社会等と一体となって、SDGsに取り組むことを宣言します。

 

 

2020年3月4日
学校法人日本女子大学

 

 

Japan Women's University Statement on SDGs

 

Japan Women's University is a higher education institution established in 1901 by education reformist Jinzo Naruse during the Meiji Era, a time when women had few opportunities to receive a higher education, for the purpose of removing gender barriers and help motivated women discover and develop their unique abilities.

 

More than a century has passed since the foundation of JWU, and today, our university’s mission to empower women has become stronger than ever. Moreover, we have pioneered a wide range of new research areas that contribute to social improvement. In addition, our founder's belief that women play an important role in achieving a peaceful world has been achieved and blossomed at Japan Women’s University.

 

The Sustainable Development Goals adopted at the UN Summit in 2015 are international goals that must be achieved by 2030. Among these 17 goals, there are many that Japan Women’s University can contribute to through various proposals, activities, and human resource development.

 

Japan Women's University declares that it will continue to work with students, faculty and staff, graduates, and related municipalities/companies/and local communities to help support SDGs and create a sustainable society.

 

 

March 4, 2020
Japan Women's University